ブログ初心者が記事をどう書いたら良いのかわからない時に読みたい本

こんにちわ、ハードカバーより文庫本派のうしゃーまです。

あの手に馴染む背表紙が読み易くて好きです。

さて、ブログに記事をUPしようと途中まで書いてみるものの、「こんなんじゃ伝わらん…」と、下書き保存のボタンを押すばかり……なんてことはありませんか?

……今私がその状態です(笑)

その状態を打開しましょう。本からヒントを得て。

人に伝わる記事を書きたい…と思ってネットサーフィンしてましたら、こんなサイトを見つけました。

イケダハヤトが教えるブログで稼ぐライティング!読みやすい文章の書き方を学ぼう! | 美女読書 

本を紹介しているサイトなのですが、紹介本を読んでいる女の子や女性の写真が載っていてちょっと目の保養になります。

「このサイト使える…!」と思うところは、実際に本を読まなくても要点がピックアップされていて、実践できるところです。(あと読書する女の子の写真が可愛らしい。)

このページを見て、特に重要だと思ったことは、次の所。

毎日書き続けるコツは「完璧主義を捨てる」こと。

例え未熟で稚拙な文章であっても、「それが現時点での自分の実力」だと割り切って、気軽に更新していく勇気を持つことです。

理想の文を追い求めてばかりいると、いつまでも記事が書き上げられないわけです。成長の為には、自分と向き合うことが必要になりますね。耳が痛いです。

イケダハヤトさんは本文で次のように書いています。

 完璧でなくていいのです、今、自分がたどり着ける限界点を切り出しましょう。バカにされる恐れさえ払拭すれば、執筆は自分の「現在地」を客観的に認識するすばらしい機会となるはずです。

今の自分を知ることが理想への道の第一歩というわけですね。

私は説明下手で、とっさに要点を人に言うことがまだ出来ません。そういう所を直したいので、アウトプットとしてブログを始めた経緯もあります。

人に説明する時は、結論を先に伝えることを心がけていこうと思います。

余談ですが、、、。

楽天ブックスで探したら書籍は売り切れてるんですね。電子書籍ならありました。

武器としての書く技術【電子書籍】[ イケダ ハヤト ]

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする